STAFF BLOG

STAFF BLOG

旗竿地という選択肢

ただいま建築中 デザイン 地域 建築

旗竿地という選択肢

中川区注文住宅【I様邸】の進捗状況です。

 

 

 

 

実は【旗竿地】です。この写真ではわかりませんが(;^_^A

現在は建物の打ち合わせ中ですが、土地からご提案させていただいたお客様です。

土地の立地条件や理想の住まい、生活リズムや暮らし方、現在の住まいとの比較、予算などを伺い、マイホームを建てるにあたり、譲れない点、妥協できる点をお話させていただき旗竿地を購入いただきました。

 

 

 

延長敷地(旗竿地)と聞くとマイナスのイメージをもたれる方が多いと思います。

車の駐車の際、ドアが全開しなかったり、車の所有が2台の場合、車の出し入れにストレスを感じたり、都心部では隣地との間隔が狭く、玄関も暗くなる印象だったり。

 

 

ご自身で土地探しをされている方は不動産屋に行くと思います。

不動産屋さんから旗竿地が「この土地は最高にいいですよ!!」と紹介されることもまず無いと思います。

それは不動産屋さんも旗竿地が良いとは思っていないから。

 

 

しかし本当に旗竿地は良い土地ではないのでしょうか?避けるような土地なのでしょうか?

 

 

 

 

I様はとても家族と過ごす時間を大事にされている印象を受けました。

お子様2人男の子も打合せ中とても元気で、奥様も常にお子様が気になる様子です。

例えば延長敷地であれば公道に飛び出す心配も軽減されるのでは、建物にこだわりがある方なので安価に購入できこだわりある建物がご提案できるのではないか等、様々な事を想像しました。

 

 

私達カザデザインスタッフは土地だけを売っているのではありません。

住む建物の箱だけを売っているのではありません。

お客様と会話させていただき、そこから最善の提案はなんであるのか考え、暮らしをご提案します。

 

 

理想の暮らしができるマイホームとなれば、その方にとって旗竿地は本当に「良い土地」に変化します。

 

視野を広げ旗竿地にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

カザデザインがお客様にとって本当に良い土地を紹介します!!

 

 

永田 裕也

担当スタッフ

永田 裕也 Yuya Nagata

プロフィールを見る