WORKS

WORKS

ダウンフロアリビングのある家

注文住宅

ダウンフロアリビングのある家
  • 敷地面積 129.87㎡(39.28坪)
  • 延床面積 133.36㎡(40.34坪)
  • 間取り 3LDK+BAR

施主様のこだわり。「BARを作る」、「ダウンフロアのLDK」、「光を最大限に取り込んだ空間」。その他にも沢山のこだわりがあったが、この3つのこだわりを「柱」として設計プランに取り組んだ。まず、南向きの土地。南からの光をリビングに最大限に取り込む為、あえて2Fを家族が集うLDKとした。そうすることで、建物の間口いっぱいにリビングが配置することが可能となった。次に、施主様の希望された「BAR」は、あえて1階の南面に配置し、限られた空間をより広く感じれるように、個室にせず玄関、外部テラスなどの「他空間」とつなげることで、ゆったりと趣味を楽しむ贅沢な空間となった。空間をつなげる方法として、「ガラス」を多用した。特に階段室とLDKをガラスで仕切った箇所は効果的だった。狭く暗くなりがちな階段室が、ガラスでの仕切りによって、LDKの光が直接階段室に入り明るくなった。また奥行きも感じることができるので圧迫感もない。更に、階段室に設置したハイサイドライトから差し込む朝日が、キッチンやダイニングに取り込むことができ、お互いが無くてはならない空間となっている。そして、2Fのリビングをダウンフロアとし、ダイニングキッチンとの目線を変え空間に立体感を作った。また、ここでもより光を取り込めるように、「高天井」とし、東面と南面にハイサイドライトを設け、より明るく広い空間を設けた。家具や、床、壁などもほぼ「白」で統一したこだわりの建物です。

三木 一史

住まいコーディネーター

三木 一史 Kazufumi Miki

プロフィールを見る